グラフィクスアワードのCG募集 


第13回計算工学講演会
グラフィクスアワードCG募集のお知らせ


本講演会では以下の要領にて,グラフィクスアワードのCGを募集しています.応募は簡単ですので,論文投稿をされた方はぜひとも応募ください.

応募方法:

応募作品の取扱い:

本アワードへ投稿された作品は,日本計算工学会が学会活動のために,その作品を編集・加工して,別途,印刷物やCD,DVDホームページへ掲載することを承諾したものとします.学会が公開,利用を行う場合,作品の中に著作権侵害をするような表記・画像があった場合に生じる問題については著作者の方に対応いただき,学会では一切の責任を負いません.以上,ご了承の上,応募いただきますようお願いします.

応募締切:

2007年4月23日(水)

2007年4月28日(月)23時59分 まで延長されました.

応募書類と送付先:

メールアドレス xxxxx@xxxxxx(富山大学 奥村)宛てに,以下の情報を記載の上,送信してください.

選考基準

第13回計算工学講演会の組織委員および実行委員(但し,応募者,応募共著者を除く)の投票によって各賞を決定します.計算工学に関する研究成果を現すのにふさわしい,優れたグラフィックス画像を選考いたします.

応募作品は計算工学講演会の論文集に掲載の図からの抜粋ですので,計算工学に関する研究成果を示すものと考えていますが,その主旨に反するものは選考の対象とならない可能性がありますのでご注意ください.

詳細はグラフィクスアワード選考規定に記載

発表と表彰:

■ 過去のグラフィクスアワード受賞者 

第12回計算工学講演会

■ グラフィクスアワード選考規定 

2008年3月制定

本賞は,計算工学講演会論文集に掲載された論文中のコンピュータグラフィクス画像のうち,優秀と認められるものに「グラフィクスアワード」を授与する.

1.応募作品資格
選考対象作品は,応募のあったすべての作品とする.ただし,作品は計算工学講演会論文集に掲載されて,かつ講演会において講演を行った論文中に収められているコンピュータグラフィクス画像作品に限る.また,招待論文等の実行委員会が依頼した論文中の作品は対象外とする.

2.賞の名称と授与件数
賞の名称は,グラフィクスアワード最優秀賞とグラフィクスアワード優秀賞とし,受賞総数は3件(最優秀賞1件,優秀賞2件)程度とする.

3.審査委員会構成
審査はグラフィクスアワード選考委員会が行う.選考委員会は講演会実行委員会委員および組織委員会委員で構成される.ただし,委員の作品が賞の選考対象作品となっている場合には,審査委員会委員に加わることはできない.委員長は,実行委員会委員長とする.

4.受賞論文の扱い
受賞が決定した作品については,グラフィクスアワード選考委員会委員長名で受賞作品の応募者に通知する,講演会会期中に表彰を行い楯および副賞を贈呈することとする.

5.表彰
講演会会期中に表彰を行い楯および副賞を贈呈することとする.