第20回計算工学講演会
    主 催:(社)日本計算工学会
    日 時:2015年6月8日(月)〜6月10日(水)
    会 場:つくば国際会議場

ランチョンセミナーのご案内

昼食時にスポンサー企業が企画するランチョンセミナーを開催いたします。本講演会に参加登録いただいた方で、ランチョンセミナースポンサー企業ブースにて配布する「ランチョンセミナー参加券」をお持ちの方に参加いただけます(注)。ランチョンセミナー会場入口にて、参加券と引き換えにランチボックスをお受け取りになり、昼食をとりながらセミナーをお聞きいただけます。

ランチボックスは無料です。お気軽に参加いただき、セミナーを楽しんでいただければ幸いです。会期中、会場近くで昼食を食べることのできる場所は大変限られています。ぜひランチョンセミナーにご参加下さい。

(注)ランチョンセミナーのみご聴講いただく場合も、講演会のご登録をお願いします (参加費が必要となります)。

ランチョンセミナーの講演内容

第20回計算工学講演会でのランチョンセミナーを下記のように行います(スポンサー様リストは開催日程順です)。


G-DEP_banner

提供:G-DEP、株式会社システム計画研究所

MATLABで始める機械学習/Deep Learningア・ラ・カルト

講師 :山本 真司 (株式会社システム計画研究所、エキスパート)
開催日時 :6月8日 (月) 12:00〜13:00
開催場所 :会場B (2階中会議室 201)

近年、Deep Learning (DL/深層学習) が大きく注目されています。本セミナーでは、DLの「始めの一歩」として、大学などで公開されている研究成果のMatlabモジュールを実行する例をご紹介いたします。また、DLとともにデータサイエンス分野での重要な手法である、Machine Learning (機械学習) について、ツールボックスのトピックスおよび、弊社の取り組みをご紹介し、CPU/GPUの比較などをお話しする予定です。

フライヤーのPDFファイルはこちら


HPCTech_banner

提供:HPCテック株式会社

【ランチセミナー】

The 3 R's of Cluster Management: Reducing Stress, increasing productivity and preparing for the future

講師 :Clement Lau (Bright Computing、Sales Director Asia Pacific)
開催日時 :6月8日 (月) 12:00〜13:00
開催場所 :会場C (2階中会議室 202A)

In this talk, we will discover how Bright Cluster Manager can help to reduce the stress for system administrators (good for the organization); increase the productivity of the organization's cluster (also good for the organization) and finally preparing for future needs.
Bright Cluster Manager is a software solution platform for x86 Linux clusters of all types. Over the past 10 years, it has been continuously developed and improved upon by Bright Computing. Learn why commercial companies and research institutes are turning to the Bright side.

フライヤーのPDFファイルはこちら


KESCO_banner

提供:計測エンジニアリングシステム株式会社

Case studies of Heat Transfer and Energy analysis using COMSOL Multiphysics

講師 :Niklas Rom (スウェーデン・COMSOL AB、Vice President of Engineering)
開催日時 :6月9日 (火) 12:00〜13:00
開催場所 :会場A (1階大会議室 101)

COMSOL Multiphysicsは、有限要素法 (FEM) を用いて3種以上の物理現象を無制限かつ自由に組み合わせ、より実現象に近い解析結果を得られるシミュレーションソフトウェアです。
今回は、伝熱解析を中心としたマルチフィジックス解析の適用事例を、開発元のスウェーデン・COMSOL ABでエンジニアリング副社長を務めるNiklas Rom (ニクラス ラム) 氏よりご紹介いたします。

フライヤーのPDFファイルはこちら


Technostar_banner

提供:株式会社テクノスター

TSVワンプッシュモデリング機能と新製品Jupiterのご紹介

講師 :四條 清文 (取締役、技術営業部 副本部長)
開催日時 :6月9日 (火) 12:00〜13:00
開催場所 :会場B (2階中会議室 201)

テクノスター社は、2002年からCAE汎用プリポストソフトウエア“TSV_Solutions”を始めとする多くのCAE製品を開発し、国内外の自動車・造船・重工業・機械・電機産業の設計製造部門や研究機関などに広く活用されております。
ワンプッシュモデリング機能は、スマートフォンやデジタルカメラのような多くのパーツから構成される3次元CADアセンブリモデルから、FEM解析用のメッシュモデルを自動作成できるツールです。たとえば落下解析のモデリングでは従来25日かかっていた作業が2日以下に短縮した実績があります。
Jupiter製品は高度なプログラミング技術をベースに新設計された、非常に堅牢かつ使いやすいハイパフォーマンスシステムです。1000万節点を超えるメッシュモデルも容易に扱うことができ、1億節点を超えるモデリングの実績もあります。それのみならず無制限Undo、Windowsリボンインターフェスなど、ユーザーが安心して楽しく使える環境を提供し、ハイパフォーマンスと使いやすさを高度に両立しています。

フライヤーのPDFファイルはこちら


Cybernet_banner

提供:サイバネットシステム株式会社

STEM*コンピューティング・プラットフォーム Mapleのご紹介
〜数学計算、グラフ描画、画像処理や並列処理など〜

講師 :水野 佑美 (サイバネットシステム株式会社、システムCAE事業部)
開催日時 :6月10日 (水) 12:00〜13:00
開催場所 :会場A (1階大会議室 101)

統合的な計算・文書作成機能を持つMapleは、1985年にリリースされて以来、世界中の企業や教育機関でご利用いただいてまいりました。
Mapleでは、数式処理、数値計算はもちろんのこと、画像処理やデータ処理、また優れた GUIを用いたアプリケーションの作成が可能です。これらの機能を組み合わせることにより、数式やアプリケーションを含んだ、とても豊かな文書を作成できます。そのため、Mapleのワークシートを仕様書や教材といった共有資産として、使うことが出来ます。
本ランチョンセミナーでは、5/20にリリースされたMaple 2015の最新機能を含めMapleが持つさまざまな機能をご紹介します。
* STEMとは:Science, Technology, Engineering and Mathematics

フライヤーのPDFファイルはこちら


JSOL_banner

提供:株式会社JSOL

3次元イメージデータプロセッシングソフトウェア「Simpleware」

開催日時 :6月10日 (水) 12:00〜13:00
開催場所 :会場B (2階中会議室 201)

複雑な形状を持つ物体を、効率よくかつ高精度にFEモデル化する事は古くからの課題でした。CADデータをベースにFEメッシュを作成する手法は一般化され、すでに数多くのすぐれたツールが利用されていますが、たとえば人体の様にCADデータが存在しないもののモデル化や、複合材料等をはじめ複雑な構造体のFEメッシュ作成は容易ではありません。
1. 現物からモデルを作り解析を行いたい
2. 現物からデジタルデータを作りたい
3. 3Dプリンターを活用したい
4. 統計値を分析したい
Simplewareは、このようなニーズに応えて現物からのモデル作成を支援する、イメージデータプロセッシングソフトウェアです。複雑な3次元画像データから中間フォーマットを介さず、ダイレクトに高品質なメッシュの作成やCADデータの出力などの広範囲なソリューションを提供します。X線CT、MRI、SEMなどの3次元画像はもちろん、非接触3次元測定器から得られるSTLなどからもメッシュを作成でき、世界中の材料研究分野でモデル化や構造統計など幅広く活用されています。
その実力をこの機会に是非ともご覧ください。

フライヤーのPDFファイルはこちら