プライバシーポリシー事務局
会員システムログイン
English
メニュー

事業事業-研究会

  • JSCES
    • What's New
    • 学会からのお知らせ

      ニュースレター

    • 概要
    • 設立趣旨・目的

      会長挨拶

      歴代会長

      運営体制

      定款・規程類

      倫理綱領

    • 組織
    • 役員

      代表会員

      特別会員

      フェロー会員

      名誉会員

      各種委員会

    • 事業
    • 学会誌「計算工学」

      計算工学講演会

      日本計算工学会論文集

      講習会

      出版

      研究会

      学生向け企画

      情報教育

    • 表彰
    • 学会賞受賞者

      歴代受賞者(年度別)

      歴代受賞者(賞別)

      推薦書様式等

  • 他学会交流
    • 国際交流
    • 国際会議情報

      主催国際会議

      2国間ワークショップ

      国際組織

  • 会員の研究活動
  • 入会案内
  • 会員システムログイン
  • 計算工学講演会
  • 日本計算工学会論文集
  • 計算工学(学会誌)
  • 学生向け企画
  • 情報教育
  • 会員の研究活動

地域密着型CAE/CAX研究会

研究会設立の背景と目的

本研究会は「計算工学で繋がる産と公と学」略して「繋産公学(ケイサンコウガク)」を合言葉にした研究会です。計算工学やCAEの地域普及や活用人材の育成、更にAI、IoT、DX等も含む最近のCAE(CAX)に関する先端情報の共有、技術交流、共助、関連課題の解決等に関して必要な取り組みを「産(ものづくり企業等)」と「公(公設試験研究機関・国研・公益財団法人等)」と「学(大学やCAE関連企業等)」で共に議論し、可能なものは取り組みに移すことを目的とします。中でも、各都道府県に設置されている産業技術系公設試験研究機関・公益財団公人等の全国ネットワークを構築し、本学会の有する繋産公学の力で学も巻き込み技術交流や技術向上を進め、研究会の成果を全国の産に届ける活動を試行し、最終的に日本の産業共創力と競争力の向上に貢献することを大きな目標とします。2013年から計算工学講演会で開催されてきました「工業界/公設試シンポジウム」での取り組みが母体となっております。

活動内容

研究会では、これまでの公設試シンポジウムの取り組みを基に、「オープン寄り活動」、例えば公設試シンポジウムや必要なセミナーの実行等、中小零細企業を含む様々なステークホルダーが共に発展することに繋がる活動と、「クローズド寄り活動」、例えば企業や公設試・大学のみ等、限られたメンバー間での技術交流や切磋琢磨に繋がる活動を順次企画し、実行に移すことができればと考えています。これらにおいては、他の研究会や他学協会との共栄的なコラボレーション(オープンイノベーション)も重視した活動を行えればと思います。そしてオープン活動の柱としては、これまで主に計算工学講演会で行われてきました「公設試シンポジウム」を発展させ、研究会の年次大会的なシンポジウム、講演会と位置付け、研究会内で実行WG/委員会を組織し、全国の公設試・公財等を開催地とした全国行脚開催を行えればと思います。クローズド寄り活動としては、CAE活用事例の紹介会、共通課題による勉強会、CAE実証実験方法の共有会、公設試間の情報交換会等の「研究会内でやりたいこと」を順次企画し、各WGを組織することで皆の願いをかなえられるような活動を行っていく予定です。

研究会についての連絡先

研究会に関する内容また研究会メンバー申請(委員、準委員)等は下記までお問い合わせ下さい。

澤田 有弘
地域密着型CAE/CAX研究会 主査
国立研究開発法人産業技術総合研究所 研究チーム長

地域密着型CAE/CAX研究会 事務局
E-mail: 問い合わせアドレス.png