プライバシーポリシー事務局
English
メニュー

表彰表彰

  • JSCES
    • What's New
    • 学会からのお知らせ

      ニュースレター

    • 概要
    • 設立趣旨・目的

      会長挨拶

      歴代会長

      運営体制

      定款

      倫理綱領

    • 組織
    • 役員

      代表会員

      特別会員

      フェロー会員

      名誉会員

      各種委員会

      選挙既定

    • 事業
    • 学会誌「計算工学」

      計算工学講演会

      日本計算工学会論文集

      講習会

      出版

      研究会

      学生向け企画

    • 表彰
    • 学会賞受賞者

      歴代受賞者(年度別)

      歴代受賞者(賞別)

      規定・推薦書様式等

  • 他学会交流
    • 国際交流
    • 国際会議情報

      主催国際会議

      2国間ワークショップ

      国際組織

    • 会員
    • 会員規定

      入会のご案内

      会員システムログイン

  • 計算工学講演会
  • 日本計算工学会論文集
  • 計算工学(学会誌)
  • 学生向け企画

学会賞受賞者学会賞受賞者

日本計算工学会では、計算工学に関わる学問および技術向上の発展に貢献した会員を称えるため、学会賞を授与しています。学会賞には、(1)計算工学大賞、(2)功績賞、(3)川井メダル、(4)庄子メダル、(5)論文賞、(6)技術賞、(7)論文奨励賞、(8)技術奨励賞、(9)博士論文賞、(10)功労賞があります。計算工学大賞は、計算工学の学術的な発展に対して世界的に顕著な貢献のあった方(会員である必要はありません)に授与されます。功績賞は、本会の運営発展、あるいは計算工学の発展に著しい貢献のあった正会員または正会員であった者に授与されます。川井メダルは、本会の初代会長川井忠彦先生の功績を記念して設けられた賞で、本会の運営発展、あるいは計算工学の発展に特別の貢献のあった、受賞者の年齢が受賞年の4月1日現在で満50歳以下の正会員に授与されます。庄子メダルは、本会の民間出身の初代会長を務めた庄子幹雄氏の功績を記念して設けられた賞で、産業界における計算工学の発展に特別の貢献のあった正会員に授与されます。論文賞は、計算工学の発展に顕著な貢献をしたと認められる論文の著者である正会員、名誉会員、シニア会員、学生会員または研究室会員に授与されます。技術賞は、計算工学の発展に顕著な貢献をしたと認められる技術、作品の開発者である正会員または特別会員に授与されます。論文奨励賞は、計算工学の発展に顕著な貢献をしたと認められる論文の著者で、今後の発展を奨励することが適当と認められる、受賞者の年齢が受賞年の4月1日現在で満40歳以下の正会員、学生会員または研究室会員に授与されます。技術奨励賞は、計算工学に関する技術、作品の開発、改良、維持、普及展開等に従事し、計算工学の発展に顕著な貢献活動をした研究者や技術者で、今後の発展を奨励することが適当と認められる、正会員、学生会員または研究室会員に授与されます。博士論文賞は、特定の研究領域を深化させることで計算工学の可能性を高めたことが認められる博士論文の著者で、自身の更なる発展と計算工学への貢献が大いに期待され、年齢が受賞年の4月1日現在で満35歳以下の正会員に授与されます。

表彰委員会における厳正な審査の結果、2020年度につきましては、下記の方々が受賞され、5月19日に開催された総会において表彰されました。さらに、新たに名誉会員になられた都井 裕氏(東京大学名誉教授)に名誉会員証が、フェロ―になられた高野直樹氏(慶應義塾大学)、吉田有一郎氏(東芝インフォメーションシステムズ株式会社)にフェロ―認定証が授与されました。

2020(令和2)年度贈賞者リスト

(1) 計算工学大賞

Jiun-Shyan Chen 氏(米国カルフォルニア大学 サンディエゴ校)
Chen 氏は、30年の長きにわたり、重要でかつ独創的な研究を通して計算力学分野に強い影響力を残してきた。特に、固体力学、マルチスケール材料モデリング、衝撃・ダイナミクス、メッシュフリー非線形有限要素法、物理制約下のデータ駆動型コンピューティング、マルチスケール・次元縮約解析法など、極限的な力学現象に関連した計算科学分野において極めて顕著な研究業績を有する。また、ASCE Engineering Mechanics Institute の会長、IACMのECメンバー、数々のジャーナルの編集長・共同編集者を務めており、計算工学の学術的発展への貢献度が極めて高い。

(2) 功績賞

寺田賢二郎 氏(東北大学)
寺田氏は、本会の黎明期より常にその運営に携わり、理事として6期、副会長、第11代会長、監事を歴任し、さらには第15・16回計算工学講演会実行委員長、IWACOM-II実行委員長、COMPSAFE2014現地事務局長、WCCM XV事務局長などを歴任した。また、IACMでは2014〜2018年には副会長(アジア・オーストラリア地区)を務め、ECメンバーとして計算工学分野の日本と世界をつなぐパイプ役としてもこの業界を力強く牽引した。常に国際的な視点から本会の運営を顧み、サマースクールなどでの後進の育成、計算工学分野の醸成にも多大なる貢献をした。
梅津康義 氏(株式会社JSOL)
梅津氏は、CAEベンダーとして国内製造業に向けた非線形構造解析ソフトウェアの開発、販売およびサポートを通じ、計算工学分野の一つである衝突解析や塑性加工解析などの非線形CAEの利用技術に対し、その拡充と発展に貢献してきた。2008年からは4期連続で本会の理事、その後、副会長、監事として合計6期、12年間にわたり学会運営に携わった。また、計算工学講演会の副実行委員長として「ベンダー・ユーザーセッション」を民間企業が参画しやすい形に拡充させるなど、本会の特徴を活かした講演会の発展にも多大な功績を残した。

(3) 川井メダル

大山 聖 氏(宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所)
大山氏は、3次元Navier-Stokes(N-S)計算と進化アルゴリズムを用いた世界最大級の大規模並列計算を実施し、世界初の3次元翼の空力設計最適化を実現した。3次元N-S計算を用いた大域的な設計最適化はその後の世界的トレンドとなっており、同氏の研究成果は多くの文献で引用されている。その後も、設計最適化手法や数値流体力学などに関する幅広い研究分野において先進的な研究を行っており、特に設計最適化の分野では、探査効率が非常に高い実数領域適応型遺伝的アルゴリズムの開発やロバスト設計最適化手法の開発などでも多くの実績を上げた。

(4) 庄子メダル

山﨑伯公 氏(日本製鉄株式会社)
山﨑氏は、主に鉄鋼連続鋳造を対象にした数値解析技術とプロセス最適化の研究開発を行い、連続鋳造プロセスでの高品位・高生産性鋳造技術の発展に功績を残した。特に粒子法流動解析手法(MPS)を連続鋳造機でのスプレー水挙動解析に世界で初めて適用し、実用レベルで設備設計に適用できることを示し、粒子法の産業利用促進に大きく貢献した。また、理事として本会の運営に精力的に尽力しており、計算工学の発展に多面的に貢献している。

(5) 論文賞

外里健太 氏(東北大学)、小谷拓磨 氏(日本工営株式会社)、波多野僚 氏(鹿島建設株式会社)、高瀬慎介 氏(八戸工業大学)、森口周二 氏(東北大学)、寺田賢二郎 氏(東北大学)、大竹 雄 氏(東北大学)
「数値解析結果の空間モード分解による津波のリスク評価」Paper No.20200003
本論文では、モード分解の技術の一つである固有値直交分解(POD)を津波リスク評価に応用したものであり、少数の数値結果のサンプルから入力変数(確率変数)と出力変数を関係付けた代理モデルを作成し、この代理モデルを使うことでモンテカルロシミュレーションによる津波のリスク評価の効率を大幅に削減している。津波時の建物に作用する津波の衝撃力のリスク評価といった実践的な例題に対しその有用性を示したものであり、実用性および有用性が高い。また、その他の災害にも転用が可能な汎用的な技術であるため、将来性・発展性が十分に期待できる内容である。

(6) 技術賞

株式会社地層科学研究所
「Geo-Graphia (ジオグラフィア:地下情報管理/可視化/解析前後処理ソフト)」
地層科学研究所により開発されたGeo-Graphiaは、地下情報の管理・解析・画像化に特化したソフトウェアであり、地下構造物や地形・地質関連情報、数値解析結果、計測結果などについて空間座標を介して関連付けることで、地下情報や知識を一元管理すること、並びに、それらを同時に3次元表示することを可能とした。地下特有の困難さを含んだ数値解析のpre/post処理のみならず、情報の統合可視化や知識化を可能としたため、土木や地盤防災、廃棄物処分等の分野への普及が急速に進んでおり、計算工学の発展に更なる貢献が期待できるソフトウェアである。
トヨタ自動車株式会社、株式会社豊田中央研究所
「バーチャル人体モデル"THUMS"」
両社が開発したモデルは、人体の形状はもとより骨の強度、皮膚の柔軟性、関節部の靭帯・腱、及び内蔵に至る人体の力学特性を詳細に再現したコンピューターモデルであり、これを車両衝突シミュレーションと組み合わせることで衝突時の人体の高精度な傷害解析を可能にした。このモデルを用いて衝突時の様々な傷害発生のメカニズムを明らかにすることで、事故解析や実車試験とあわせて車両の衝突安全性の発展に大きく貢献した。また、本モデルを2010年から公開することで、他の自動車開会社の衝突安全開発、大学での衝突安全研究にも大きく貢献した。

(7) 論文奨励賞

韓 霽珂 氏(東北大学)
「可変正則化パラメータを用いたPhase-field 延性破壊モデル」Paper No.20182003
本論文は、Phase-Field破壊モデルによる亀裂進展解析の精度向上のために、蓄積塑性ひずみの大きさに応じて変化する可変正則化パラメータを提案したものである。提案手法による可変正則化パラメータにより、塑性域とき裂周辺の損傷域を関連づけることができ、塑性変形の影響を考慮した損傷計算を実現している。また、ベンチマーク問題の解析等の数値解析を通してき裂の進展方向を適切に予測でき、可変正則化パラメータを介して延性の制御が可能になることを例示しており、今後の破壊現象の実問題への発展など、将来性・発展性が期待できる。

(8) 技術奨励賞

久我幹雄 氏(株式会社ソフトウェアクレイドル)
「汎用流体解析ソフトウェア"STREAM""SCRYU/Tetra"の開発」
久我氏は、熱流体解析ソフトSTREAM のソルバー開発指導を10年以上にわたって行ってきており、中でもSCRYU/Tetra、STREAMに対するMPI並列計算プログラムの導入やソルバーに対するマルチブロック法の導入等を行い、国産ソフトウェアの海外を含めた展開を進め、日本の計算工学分野の発展に大きく寄与した。今後も、医療分野など新しい領域への様々な応用を展開していくことが期待される。

(9) 博士論文賞

相馬悠人 氏(茨城大学)
「破壊面の摩擦接触を考慮した損傷モデルによる鉄筋コンクリートの破壊シミュレーションに関する研究」
対象となった博士論文では、鉄筋の付着性能や破壊モードが異なるRCはりを対象とし、鉄筋のモデル化のみを変えるだけで実験と同レベルの破壊挙動を再現することを可能としている。さらに、実験と同様のひび割れ分布も3次元で再現することに成功している。土木工学分野および計算工学分野における貢献が大きく、価値のある研究成果である。

(10) 功労賞

石塚弥生 氏(日本計算工学会)
石塚氏は、本会の黎明期から永年にわたり本会の事務業務を行ってきた。2016年度からは事務局長として他学会との交流にも貢献しており、本会の実質的な運営を支える余人をもって代えがたい存在である。今後も引き続き、本会の健全な運営、更なる発展にご尽力いただけると幸いである。