プライバシーポリシー事務局
English
メニュー

表彰表彰

  • JSCES
    • What's New
    • 学会からのお知らせ

      ニュースレター

    • 概要
    • 設立趣旨・目的

      会長挨拶

      歴代会長

      運営体制

      定款

      倫理規定

    • 組織
    • 役員

      代表会員

      特別会員

      フェロー会員

      名誉会員

      各種委員会

      選挙既定

    • 事業
    • 学会誌「計算工学」

      計算工学講演会

      日本計算工学会論文集

      講習会

      出版

      研究会

    • 表彰
    • 学会賞受賞者

      歴代受賞者(年度別)

      歴代受賞者(賞別)

      規定・推薦書様式等

  • 他学会交流
    • 国際交流
    • 国際会議情報

      主催国際会議

      2国間ワークショップ

      国際組織

    • 会員
    • 会員規定

      入会のご案内

      会員システムログイン

  • 計算工学講演会
  • 日本計算工学論文集

学会賞受賞者学会賞受賞者

日本計算工学会では、計算工学に関わる学問および技術向上の発展に貢献した会員を称えるため、学会賞を授与しています。学会賞には、(1) 計算工学大賞、(2) 功績賞、(3) 川井メダル、(4) 庄子メダル、(5) 論文賞、(6) 技術賞、(7) 論文奨励賞、(8) 博士論文賞、(9) 功労賞があります。計算工学大賞は、計算工学の学術的な発展に対して世界的に顕著な貢献のあった方(会員である必要はありません)に授与されます。功績賞は、計算工学の発展に著しい貢献のあった会員を表彰し、その功績を称えることを目的としています。川井メダルは、本学会の初代会長川井忠彦先生の功績を記念して設けられた賞で、若くして、計算工学分野において顕著な学術・研究成果を挙げ、計算工学の発展に多大な貢献をした会員を表彰し、その功績を称えることを目的としています。対象者は、受賞年の4月1日現在で年齢が50歳未満の会員です。庄子メダルは、本会の民間出身の初代会長を務めた庄子幹雄氏の功績を記念して設けられた賞で、産業界における計算工学の発展に特別の貢献のあった会員に授与されます。論文賞は計算工学の発展に顕著な貢献をしたと認められる論文の著者である会員に授与されます。技術賞は、計算工学の発展に顕著な貢献をしたと認められる技術、作品の開発者である会員に授与されます。論文奨励賞は、計算工学の発展に顕著な貢献をしたと認められる論文の著者で、今後の発展を奨励することが適当と認められ、受賞者の年齢が受賞年の4月1日現在で40歳未満の正会員または学生会員に授与されます。博士論文賞は、特定の研究領域を深化させることで計算工学の可能性を高めたことが認められる博士論文の著者で、自身の更なる発展と計算工学への貢献が大いに期待され、年齢が受賞年の4月1日現在で35歳未満の会員に授与されます。

表彰委員会における厳正な審査の結果、令和元年度につきましては、下記の方々が受賞されました。また、今年度は、中村均氏(原子力規制庁)、吉村忍氏(東京大学)、櫻井英行氏(清水建設株式会社)が新たにフェローに認定されました。なお、令和元年度は功労賞については、該当者がいませんでした。

2019(令和元)年度贈賞者リスト

(1) 計算工学大賞

Antonio Huerta (スペイン カタルーニャ工科大学)
Antonio Huerta専士は、カタルーニャ工科大学教授兼カタルーニャICREA高等研究所の所長であり、30年の長きにわたり重要でかつ独創的な研究を通して計算力学分野に貢献してきた。特に、流れの有限要素法については世界的権威として知られ、応用数学的視点から著した「Finite Element Methods for Flow Problems」は引用数が極めて多い。また、主要ジャーナルに150編近い論文を著すなど計算力学分野を牽引してきた功績によってIACMのComputational Mechanics Awardを始めとする多くの賞を受賞している。さらに、同氏は、2010年から2018年までIACMの事務局長を、また2018年からはIACMの会長を務めるなど計算力学の国際交流への貢献も大きい。

(2) 功績賞

中村 均(原子力規制庁)
中村 均氏は長年、構造解析・流体解析の汎用コード(FINAS/STAR、FINAS/CFD)を始めとする国産ソフト開発や解析技術の開発に数多く従事してきた。また、当学会の「シミュレーションの品質・信頼性にかかわる調査・研究」研究分科会(HQC分科会)において幹事として標準策定活動の立ち上げから、学会標準および解説書の執筆、普及活動に大きく貢献した。さらに、2006年度から2014年度までは当学会の理事として、WEB会員システムの導入、ニュースレター配信の立ち上げ、法人化に際しての財務処理の厳格化等の現在の学会活動の基盤構築などに貢献した。

(3) 川井メダル

和田 義孝(近畿大学)
和田 義孝氏は破壊力学シミュレーション、 AIおよび機械学習の工学応用分野で数多くの論文や書籍を著しており、日本機械学会においては計算力学技術者認定委員、日本機械学会広報・情報部会委員、 日本機械学会実行委員長を務め、2019年には日本機械学会フェローの認定を受けている。また、日本溶接協会原子力研究委員会FDF/FDF-Ⅱ小委員会において数値解析手法検討WGリーダーを担当している。当学会においても学会誌編集委員幹事、代表会員、「機械学習の工学問題適用に関する研究会」主査を務めるなど学会運営に多大の貢献をしている。

(4) 庄子メダル

高垣 昌和(公益財団法人鉄道総合技術研究所)
高垣 昌和氏は、東京大学生産技術研究所において溶融亜鉛めっきの熱応力損傷解析や、高周波焼入れ時の熱応力損傷解析手法を提案するなど、有限要素法を用いたき裂発生・進展評価法の高度化と発展に貢献した。また、現在の勤務先である公益財団法人鉄道総合研究所においては、車輪レール間の転がり接触解析手法の開発、流体解析と粒子法による着雪シミュレーション手法の開発など鉄道分野固有の現象に対する数値シミュレーションの高度化に携わってきた。本学会においても理事および「不確かさのモデリング・シミュレーション法に関する研究会」の委員を務めるなど、計算工学の発展に大きく貢献してきた。

(5) 論文賞

西野 崇行(東北大学)、加藤 準治(名古屋大学)、京谷 孝史(東北大学)
「幾何学的非線形性と荷重条件の不確かさを考慮したトポロジー最適化」Paper No.20190004
本論文は、非線形を考慮したトポロジー最適化において、荷重の不確定性を導入し、ロバスト性を向上させるためのトポロジー最適設計法を提案しており新規性が高い。論文中では2次元の数値例を示しているが今後、3次元の実用的な問題にも適用することが期待されるなど将来性・発展性も高い。
月野 誠(株式会社くいんと)
「Nitscheの方法を用いた有限被覆法における摩擦なし接触解析手法」Paper No. 20190010
本論文は、有限被覆法(FCM)による接触解析にラグランジュ乗数を導入する手法を開発しており、その独創性・新規性は高い。また、ボクセル法の接触問題の課題を根本的に解決できる可能性を示していること、FCMの採用によりボクセル法による自由度増大の対策になっている点で実用性、将来性も高い。

(6) 技術賞

登坂 博行(株式会社地圏環境テクノロジー)
登坂 博行氏は、東京大学在職中の1990年代後半に、生活圏における水問題の科学的定量的評価・対策設計を目的として、河川|の流れと地下流体流れを統合化した陸域流体・熱・汚染物質移行の統合解析技術を世界に先駆けて開発した。2000年には大学発のベンチャー企業である「株式会社地圏環境テクノロジー」を立ち上げ、開発した「統合型地圏流体シミュレータGETFLOWS」によって数多くの水問題の解析を行ってきた。この技術は、今後も台風や異常気象による災害予測・対策、福島の地下水汚染問題や高レベル廃棄物処分など難題への応用が期待される。

(7) 論文奨励賞

佐藤 兼太 (東北大学)
「Level Set 法と PLIC-VOF 法のカップリングによる格子ボルツマン法の3 次元自由表面流れ解析モデルの構築」Paper No.20182003
本論文は、格子ボルツマン法(LBM)による自由表面流れ解析モデルにPLlC-VOF法を採用して流れ解析の高度化を提案しており、新規性が高い。提案手法の検証がダムブレイク問題で示されており津波シミュレーションなどに適用可能なことから実用性、有用性が認められる。また、完全に陽的な計算が可能であり大規模並列解析向きであることから将来性、発展性が期待できる。

(8) 博士論文賞

倉石 孝 (早稲田大学)
「Space-Time Computational Analysis of Tire Aerodynamics with Actual Geometry, Road Contact,Tire Deformation and Fluid Friction」
本博士論文は、回転、接触、変形などの複雑現象を伴うタイヤ周りの流れについて、Space-Time Isogeometric Analysis(ST-IGA)法を用いた計算方法が提案されている。回転や路面との接触などを伴う実形状タイヤの3次元流れ計算を可能にしたこと、接触部の薄い境界層の解析を効率的に解くことに成功しているなどの点から研究の実用性、独創性を高く評価できる。