ベストペーパーアワード

本講演会では、計算工学講演会論文集に掲載された論文のなかから優秀と認められるものに「ベストペーパーアワード」を授与します。


ベストペーパーアワード選考規程

2008年03月制定
2011年01月改定
2011年11月改定
2014年01月改定

計算工学講演会論文集に収録され、かつ講演会において講演を行った論文のうち、計算工学において、優秀と認められるものに『計算工学講演会ベストペーパーアワード』を授与する。

1.選考対象論文

選考対象論文は、締切までに投稿を完了して計算工学講演会論文集に収録され、かつ講演会において講演を行った論文とする。ただし、招待論文等の委員会が依頼した論文を除く。

2.受賞論文の授与件数

受賞論文の総数は、原則として年度あたり3編程度とする。

3.選考委員会構成

選考はベストペーパーアワード選考委員会が行う。選考委員会は講演会実行委員会委員および学会組織委員会委員を中心に構成される。ただし、委員の論文が賞の選考対象論文となっている場合には、選考委員会に加わることはできない。委員長は、実行委員会委員長とする。

4.受賞論文の扱いおよび表彰

受賞が決定した論文については、講演会終了後に速やかにベストペーパーアワード選考委員会委員長名で受賞論文の著者に賞状の送付をもって通知し、学会ホームページ・学会誌等で公表する。